標準 アーカイブ

施設の概要

(1)名称    北九州市立男女共同参画センター(愛称 ムーブ)

(2)所在地   北九州市小倉北区大手町11-4

(3)運営    指定管理者  公益財団法人アジア女性交流・研究フォーラム

設置目的

市民の男女共同参画の形成に関する理解を深め、並びに市民及び民間の団体による男女共同参画社会の形成の推進に関する取組を支援することにより、男女共同参画社会の形成の推進を図るため、北九州市立男女共同参画センターを設置する。(北九州市立男女共同参画センター条例第1条)

愛称とシンボルマーク

(1)愛称 ムーブ
「動く」という意味だけでなく「感動する」「行動する」「飛躍する」という意味もあります。意識から行動へと飛躍する新しい時代の男女共同参画センターをさわやかに表現しています。一般公募により名付けられました。

(2)シンボルマーク
男女共同参画センターの愛称である「ムーブ」の頭文字「M」をモチーフにしています。左端のピンクは人と人との交流によるふれあい、中央のブルーは男女共同参画の未来、右端のグリーンはフレッシュな行動力と豊かな自然を誇る北九州市を象徴しています。

move_symbol

 

これまでの歩み

  • 平成2年(1990年)3月  「北九州市女性プラン」を策定し、女性の地位向上を目指すことを目的とした  「女性の学習、研修、交流、情報の収集・提供、文化活動の中心的な場」として「北九州市総合女性センター(仮称)」の設置を掲げる。
  • 平成7年(1995年)7月  北九州市立女性センター開所(7月1日)
  • 平成14年(2002年)4月  「北九州市立男女共同参画センター」に施設名を変更