出前講座「職場のハラスメントについて」

 

 職場では、女性と男性、上司と部下、個人の事情により勤務に配慮が必要な人など、さまざまな背景を持つ人が働いています。そして、ハラスメント問題は、職場において常に起こりうることです。
 「ハラスメント」を直訳すると、「嫌がらせ、苦しめること」という意味があり、ハラスメント問題は、個性や価値観の違う人々の間で、些細な行為の蓄積によって、生じています。そのため、誰もが、いつでもハラスメント問題の被害者、加害者になる可能性があります。

 

 また、男女雇用機会均等法、育児・介護休業法が改正され、平成29年1月から新たに、職場における妊娠・出産・育児休業等に関する職場環境を害する行為を防止するための措置を講じることが事業主に義務付けられました。

 

 ムーブでは、平成18年度に発行した冊子『職場におけるセクシュアルハラスメント防止研修』にパワーハラスメントとマタニティハラスメントを追加し、平成29年3月に『知らないって怖い!職場のハラスメント』を発行しました。
 職場で働く人や事業主の方にハラスメント問題を理解してもらうために、この冊子を使用した出前講座を行っています。
 お電話もしくは事務室にてお申し込みください。

 


◆お問い合わせ・お申込み
 北九州市立男女共同参画センター・ムーブ 3F 施設運営課
  電話:093-583-3939