平成29年度 対人援助職者セミナー 

NEW

対人援助職者セミナー「感情労働としての対人援助職(実践編)  ~ストレスマネジメント、セルフケア~」

 
 人と関わる仕事は、いつも共感的であることを求められ、言いたいことをグッとこらえたり、つらくても笑顔を作ったり、、、。対人援助職の皆さんはそんな経験をしたことがありませんか?自分の感情をコントロールし、相手に合わせた言葉かけや対応を求められる「感情労働」は心の疲れやストレスを蓄積させるものです。
 この講座では、対人援助職の特性に焦点を当て「感情労働」の問題点などを確認しながら、グループワークも含め深く掘り下げていきます。昨年に引き続き武井麻子先生をお迎えし、支援の在り方やストレスケアの方法などを学びます。皆さんのご参加をお待ちしています!

対人援助職者セミナー(実践編)チラシ(表) 対人援助職者セミナー(実践編)チラシ (裏)
開催日時 平成30年2月3日(土)
13:30 ~ 16:30
開催場所 北九州市立男女共同参画センター・ムーブ5階 大セミナールーム
講師 武井 麻子さん (日本赤十字看護大学名誉教授)
参加費 無料
対象 対人援助職者(福祉・介護・教育・医療など)・関心のある人
定員 100名(先着順)
申込方法 電話・FAXまたはホームページにて受付
託児 6か月以上就学前までのお子さんお一人につき500円(事前予約制、1月31日まで受付)
お問い合わせ 北九州市立男女共同参画センター・ムーブ相談室
TEL (093)583-5197
FAX (093)583-5197

対人援助職者セミナー 「感情労働としての対人援助職ー共感がストレスになるとき」

終了しました

対人援助職者セミナー「感情労働としての対人援助職ー共感がストレスになるとき」

 言いたいことをグッとこらえたり、つらくても笑顔を作ったり・・・。対人援助職者の皆さんは、そんな経験をしたことはありませんか?
ひとと関わる仕事は、いつも共感的で忍耐強くなければならないと思われています。そして、理不尽な思いをしても、自分の感情をコントロールし、相手に合わせた声掛けや対応することを求められています。このように自分の感情をコントロールしたり、押し殺したりしなければいけない仕事のことを、「感情労働」といいます。
 福祉・介護・教育・医療などの対人援助職者は感情労働といえます。感情労働は、心の疲れやストレスを蓄積させるもの。この講座で感情労働について学び、個人や職場で実践できるストレスの付き合い方を、一緒に考えていきましょう。

<定員に達しました。>
開催日時 平成29年3月4日(土)13時30分~16時30分
開催場所 北九州市立男女共同参画センター・ムーブ5階 大セミナールーム
講師 武井 麻子さん (日本赤十字看護大学名誉教授)
参加費 無料
対象 対人援助職者(福祉・介護・教育・医療など)・関心のある人
定員 100名(先着順)
申込方法 電話・FAXまたはホームページにて受付
託児 6か月以上就学前までのお子さんお一人につき500円(事前予約制、3月3日まで受付)
お問い合わせ 北九州市立男女共同参画センター・ムーブ相談室
TEL (093)583-5197
FAX (093)583-5197